日本アカデミー賞の感想

2017年度の日本アカデミー賞の授賞式をテレビ見ていました。日本映画界を引っ張っていく俳優さんや監督さん技術さんが集まるこの授賞式をいつも楽しみにしています。
その中でいつも思うことがあります。捨て身の人ってすごいなぁということです。自分の命を削ってまでも何かに没頭できる様というのは人に感動を与えます。何も失わずに何かを得ようとか全て自分の思い通りにしようということは、なかなか難しいことです。1番早くて確実な方法がこの捨て身になるということだと思うのですが、その後の大変さや恐怖不安などもあるため、覚悟を決めなければ踏み込めない領域でもあります。そんな覚悟を決めて生きている人たちの姿をスクリーンの中で見るという事はたとえそれがフィクションにあったとしても、説得力があり、時間が経ってまた見ても古くならないというか心に刺さる部分があると思います。そしてそのようにして頑張ってる人たちを見ると、自分自身はまだ覚悟が足りないのではないかと振り返るきっかけにもなります。

温存のコミュニティ熟慮・地味と幅広いサイト

一般的なお盆休み時期はコミュニティ・サイトを熟慮、3月とか4月頃に考えて温存していたジャンルです。リストアップしたのに温存したのは、日常使用のサイトがあるのでそのままという状態でした。涼しい気温と猛暑日がワン・サイクルのように通過しているこの夏、どのようにすればよいのか迷走状態、曇天のようにすっきりしていません。3連休の初日は雨上がりで朝からどんより、利用するのか既存を重要ポイントとしてすごすのか、熟慮しているのに空模様がどんよりですから結論が停滞ぎみです。サイトの選択肢は2つ、中高年対象のやや地味なサイトと、若い世代から熟年層という幅広いコミュニティです。登録してから使うのはどちらも無料、女性には特に優しいのがインターネットのサイトですね、2年後の還暦を考えれば地味サイトですが、同じ年齢層なので気持ちが老けそうな気がします。なので両方登録で比較も考える夏、よ~く考えて紅葉シーズンくらいには落着ければよいなと思っています。

UNISON SQUARE GARDENに、にわかながらにハマっている話。

私が初めてUNISON SQUARE GARDEN(ユニゾンスクエアガーデンと読みます。以下、ユニゾンと呼びます)を聴いたのは、YouTubeの自動連続再生をオンにしていてたまたま流れてきた「シュガーソングとビターステップ」という曲のカバーでした。本家ではないので本家を聴きたかったのですが、私が探していた当時は残念ながらその曲のフルはYouTubeにはカバーしかアップロードされていませんでした。どうしてもフルが聴きたかった私は、ショートバージョンのミュージックビデオでは満足できませんでした。(今はライブバージョンのミュージックビデオのフルが上がっています)ミュージックビデオをフルで観たいとなってしまうのです。

その次に聴いたのが「オリオンをなぞる」のライブバージョンでした。斉藤さんってすごく綺麗なハイトーンボイスが魅力的だなぁと思いました。勿論歌もすごく上手ですし。そして、ベース担当の田淵さんは、毎回すごく暴れまわっているのに演奏もきちんとこなしているので、この人すごすぎるなとにわかながらに思ったものです。

とある休日、私は両親と一緒にBOOKOFFを訪れました。やっぱりにわかと言えどユニゾン色に少しずつですが染まっていた私は、CDコーナーを見ていました。そして見つけたのが「Dr.Izzy」というアルバムでした。曲目を眺めてみると、私がずっとずっと聴きたかった「シュガーソングとビターステップ」が入っているではありませんか。少しお高かったので買おうかどうしようか迷っていたところ、お父さんに欲しい旨を伝えたら、なんと快く買ってもらえました。お父さん、ありがとうございました。

残念ながら「オリオンをなぞる」は別のアルバムに入っているようでした。私が行ったBOOKOFFにはユニゾンのアルバムは「Dr.Izzy」が一枚あった他は何もありませんでした。

突然ですが、私は散歩をするのが日々の日課になっていて、その時に音楽を聴きながら歩いています。そしてスマホにユニゾンのアルバムを取り込んでいたので、せっかくだから「シュガーソングとビターステップ」以外の曲も聴いてみようかなと思いアルバムを再生してみました。

ユニゾンと言うとロックのイメージがありました。しかし、「Dr.Izzy」に入っていた「8月、昼中の流れ星と飛行機」という曲はそのイメージを覆すものでした。しっとりとした曲調に、ちょっとしんみりとした歌詞がすごくマッチしていて聴いていてとても心静かになる曲です。

しかも、いつもライブやミュージックビデオで暴れまわっている田淵さんが作詞作曲をしていると来ました。ギャップってやつですね、ロックじゃないユニゾンも十二分に好きになれました。というか、この曲に限らずユニゾンの曲はほとんど田淵さんが作詞作曲しているんですね。暴れまわっているのにきちんと曲も演奏出来て、作詞作曲も出来る。そして、暴れまわるというパフォーマンスのおまけつき。ユニゾンファンが斉藤さんに限らず、田淵さんに目が行くのも分かる気がします。もちろん鈴木さんのドラムも素敵なので、みんなにもっと注目してほしい限りです。

にわかなのでどうしてもユニゾンの魅力が上手く伝えられません。知識が追い付かないですね。

YouTubeにはライブミュージックビデオやミュージックビデオのショートバージョンが多く上がっているのですが、やっぱりCD音源が良いという方もいらっしゃるでしょう。(私も曲によってはライブ音源よりCD音源が好きだったりします。私の場合かなり稀ですが。)

となると、やはりアルバムを買うか、レンタルするという手しかなくなってきますね。周りにユニゾン好きが居れば貸してもらうことも出来ますが。

悲しいことに、私が買ってみた「Dr.Izzy」はCDがおかしくなってしまって、コンポにかけても正常に再生されなくなってしまいました。データはパソコンに落としてあるので、完全に聴けなくなったというわけではないのですが。

ユニゾンを知っていても、「シュガーソングとビターステップ」しか知らないという方が多いように思います。「血界戦線」というアニメのエンディングテーマに起用されているそうですね。他にも有名なのは、アニメ「TIGER & BUNNY」のオープニングテーマに起用された、「オリオンをなぞる」。この二強ではないでしょうか。

私はアニメは観ないのですが、その二曲から入りました。わりとアニメを観なくても知っているアニメソングが多かったりします。

アニメから入った方もそうでない方も、私もユニゾンに関してはまだまだにわかなので、これからもっともっと曲を聴いて、彼らのことも知っていこうと思います。初めて「UNISON SQUARE GARDEN」というグループ名を見たときはなんて読むんだろうと思ったのですが、他にもそんな方が居そうですね。最後まで読んでくださってありがとうございました。

別売りはないんですね、ちょっと残念でした

先日参加した糸掛け曼荼羅WS。タイムオーバーになり家でやるのが大変でしたが、出来上がってみると糸が余りやり方が分かったのでまたやってみたいなぁと少し思ってしまいました。一緒に参加したひとがそれぞれ記事アップしていて、周りの反応も良さそうで興味の方もいました。ふと板とピンはまた分けてもらえるのかなと思ったので主催の方に聞いてみました。するとキットとしては販売してないようです。ちょっと残念でした。まぁ、WSが売りですからね。実際に講座に来てやってもらいたいでしょうね。わたしの知り合いも別のところで習って来て、興味があったのか自分で板を買ったりしていました。わたしにそこまでの熱意はないのでまぁいいやと思っています。作り方を覚えても仕方がなかったなぁ。でも知り合いはハート曼荼羅の作り方を知らないようだったので興味あったら教えてあげてもいいかなと思っています。LINEでも繋がっている子なので、メッセージしてみました。ただシンギングボウルをメインにしたいと思われてるので、興味あるけど作らないのであればいいかなとも思ってしまいました。先日も違う方ですが、興味あるというから調べて教えたのにまた日が経ってから聞いて来た方がいてイラッとしました。あまり変な親切心起こさないようにしようと思っています。

7月のイベントですが今から準備中です

共催はやっぱり色々大変だなぁ。7月に共催イベントをするのですが、イベントページを作るのも一苦労でした。日時などは早めに決まったので良かったのですが、ゲストを呼んで盛り込みたい内容があるようなのです。すでに先行してお知らせした方の中で参加希望をいただいた方もあったので、そちらには早めに連絡したいと思ったので、先に出来てる概要でイベントページを送っておくことにしました。もちろん、確認してから送りましたが。待っている方は少しの時間でも長く感じるものだし、やっぱり信頼が大事だと思うんですよね。人数把握のためにも参加ポチっとしてもらうのもお願いしておきました。後で面倒なことにならないように最初からこと細かくやっておくに限ります。結局、その方が手間がいらないと思うんです。車でのアクセスがいい場所なので出来ればみんな車で来てもらいたいなぁ。ありがたいことに駐車場代は要らない場所なので助かります。公共交通機関の場合、送り迎えも必要かな?でも行きは下準備もあるのでやはりご自分で来てもらわないとなぁ。帰りなら主催なので送るのはいいですが、荷物もコンパクトにしておかないといけないなぁ。思い付いたらつど確認しておこうと思います。イベントまで当分大変かなぁ。とりあえず野外イベントなので晴れますように。